【2020年8月最新版】「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)は便利。Apple Pay(アップルペイ)でもOK

「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を使いたいけど、使い方を知りたい!

「マクドナルド」と言えば、今やキャッシュレス決済は割とOKのイメージが強いのですが、「QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)」はどうでしょうか。

今回の記事では、「マクドナルド」での「QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)」の使い方等についてまとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は使える・使い方は?

「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)は利用可能です。

「マクドナルド」では、Suica・PASMO等交通系電子マネーのほか、楽天Edy、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)、iDなどの電子マネーが導入されています。

「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときの使い方は、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

Apple Pay・QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)で決済が可能

「マクドナルド」では、Apple Pay(アップルペイ)のQUICPay/QUICPay+で支払うことも可能です。

レジへ
(レジを打っている間に準備)
→Apple Pay(WALLET)を立ち上げる
→QUICPay対応のクレジットカードを選択
→店員さんに「クイックペイで」と伝える
→ホームボタンに指をおいてTouch ID(またはFace ID)で認証しながら、NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

QUICPay(クイックペイ)はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

※登録したクレジットカードによってQUICPay(QUICPay+)が利用できるか、iDが利用できるかが決まります。

Google Pay・QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)で決済が可能

「マクドナルド」では、Google Pay(グーグルペイ)のQUICPay/QUICPay+で支払うことも可能です。Android端末のロックを解除したり、アプリを起動したりする必要はありません。

レジへ
→店員さんに「クイックペイで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

QUICPay/QUICPay+はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

※登録したクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードによってQUICPay(QUICPay+)が利用できるか、iDが利用できるかが決まります。

Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+については下記の記事で紹介しています。

QUICPayモバイル(おサイフケータイ)で決済が可能

おサイフケータイ利用可能なAndroid端末であれば、QUICPayモバイルも利用できます。「マクドナルド」では、QUICPay/QUICPay+で支払うことが可能です。

レジへ
→店員さんに「クイックペイで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

カード型・コイン型で決済が可能

「マクドナルド」では、カード型やコイン型のQUICPay(QUICPay+)でも支払うことが可能です。

レジへ
→店員さんに「クイックペイで」と伝える
→NFC読み取り端末にカード等をかざす
→支払い完了

「マクドナルド」でQUICPay/QUICPay+を利用した時の還元率

QUICPay/QUICPay+を利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

「楽天ポイントカード」or「dポイントカード」を提示・併用

「マクドナルド」では、「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示して、貯めたり使ったりすることができます。

<貯める>
「楽天ポイントカード」:100円(税込)ごとに1ポイント(1%還元率)
「dポイントカード」:100円(税込)ごとに1ポイント(1%還元率)

「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれかのみになり、2つの併用はできません。

<使う>
ポイントで支払うこともできます。1ポイント=1円
ただし、電子マネー、クレジットカードとの併用はできません。差額を支払う場合は、現金、マックカードのみ可能です。
※楽天ポイントとdポイントの併用不可

※クーポンと一緒に、ポイントカードでポイントを貯めたり、使ったりすることもできます。

合計還元率は

「マクドナルド」で「QUICPay/QUICPay+」を使った場合の還元率は、「楽天ポイントカード」「dポイントカード」の1%分と、それぞれのクレジットポイントの合計になります。

「マクドナルド」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

『マクドナルド』では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

『マクドナルド』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード
PayPay(ペイペイ)×
楽天ペイ×
LINE Pay(ラインペイ)△※
メルペイ△(iD決済のみ)
d払い×
au PAY(auペイ)×
FamiPay(ファミペイ)×
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)
電子マネー・楽天Edy
電子マネー・nanaco(ナナコ)
電子マネー・WAON
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む
iD※Apple Pay・Google Pay含む
※モバイルオーダーで一部iPhoneのみ可能

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで確認しましょう。

ほとんどののクレジットカード・電子マネーの利用が可能です。

まとめ

「マクドナルド」でQUICPay/QUICPay+は使えます。

ただし、還元率的にはキャンペーン等がないとあまりお得とはいえません。

他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いかもしれません。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりませんよ。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする