スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」ならどっち?クーポンは?【2020年8月最新版】

スシローで利用する場合、「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」はどっちがお得?クーポンを利用したほうがよい?

色々な寿司チェーンでQRコード決済の導入が進んでいます。

スシローでは、「LINE Pay(ラインペイ)」「楽天ペイ」どちらのコード決済も利用できますが、どちらを使ったほうがお得になるのか、パッとわからないかもしれません。

今回の記事では、スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」を使った場合のポイント還元率やクーポン利用について、どちらがお得か比較してみました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」を利用した時の還元率

 

スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」を利用した時の還元率についてです。

「LINE Pay(ラインペイ)」決済時の還元率は、「LINEポイントクラブ」によります。

「LINEポイントクラブ」は、過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」の総量を基準に、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのマイランクが提供されます。

マイランクの主な特典は、クーポン「チャージ&ペイ」の還元率になります。

必要ポイント数マイランク特典クーポン(毎月/枚)チャージ&ペイ利用時の還元率
5000ポイント→プラチナ10枚3%
500ポイント→ゴールド6枚2%
100ポイント→シルバー3枚1.5%
0→レギュラー1枚1%

※「プラチナ」へのランクアップはさらに条件があります。
「LINEポイント」の獲得に加え、「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payアカウントに登録することが必須条件です。

特典の1つである「チャージ&ペイ」は、「Visa LINE Payクレジットカード」がないと利用できません。

つまり、「LINE Pay(ラインペイ)」決済の還元率は、「Visa LINE Payクレジットカード」を持っていない限り0%です。(持っていればマイランクによって1~3%になります。)

「LINE Pay(ラインペイ)」の場合「Visa LINE Payクレジットカード」以外のクレジットカードの利用については検討の余地がありません。

ただ、「LINE Pay(ラインペイ)」はクレジットカードを利用しなくても、クーポンを上手に利用すればお得になることが可能です!

「LINEポイントクラブ」特典で毎月クーポンがもらえますが、特典クーポンは、マイランクが「レギュラー」でも最低1枚は利用可能です。

ここのところ、毎月スシローのクーポンが出ていて、それが5%OFFのクーポンです。

「LINE Pay(ラインペイ)」で支払いをするときにスシロー:5%OFFクーポンを利用する!

LINE Pay(ラインペイ)残高へチャージはクレジットカードがなくても可能です。銀行口座やセブン銀行ATMでチャージできます。

<LINE Pay(ラインペイ)残高へチャージ方法>
①銀行口座からのチャージ
②セブン銀行ATMでチャージ
③Famiポートでチャージ
④LINE Pay カード レジチャージ
⑤QR/バーコードを表示してレジでチャージ
⑥東急線各駅の券売機でチャージ
⑦「VISA LINE Payクレジットカード」による「チャージ&ペイ」

スシローの場合、「LINE Pay(ラインペイ)」の支払いなら、「LINEポイントクラブ」特典クーポンを利用して5%オフが可能です。

スシローで「楽天ペイ」を利用した時の還元率

スシローで「楽天ペイ」を利用した時の還元率について検証します。

「楽天ペイ」は2020年7月~キャンペーンを実施しています。

「楽天ペイ」の場合、「楽天カード」とそれ以外のクレジットカードの場合で、お得度が変わってきます。クレジットカードを利用しない場合、楽天銀行からチャージといった方法が使えます。

 クレカ還元率「楽天ペイ」で合計
リクルートカード1.2%ポイントなし1.2%
楽天カード(チャージ払い)0.5%1%1.5%
dカード1%ポイントなし1%
ヤフーカード1%1%
au PAYカード1%1%
エポスカード0.5%0.5%
イオンカード0.5%0.5%
三井住友カード0.5%0.5%
JCB CARD W1%1%
楽天銀行からチャージ1%1%

「楽天ペイ」は、「楽天カード」以外の他クレジットカードでも支払いは可能ですが、支払いでポイント付与はありません。

「楽天カード」は1.5%還元率可能、楽天カード以外のクレジットカードはクレカ還元率になります。楽天銀行からのチャージなら1%還元率可能です。

スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」VS「楽天ペイ」の場合、比較するとどっち?

スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」を利用した時の還元率について比べると、以下になります。

 LINE Pay 楽天ペイ
リクルートカード利用不可1.2%
楽天カード1.5%
dカード1%
ヤフーカード1%
au PAYカード1%
エポスカード0.5%
イオンカード0.5%
三井住友カード0.5%
JCB CARD W1%
クレジットカード利用せず5%オフ1%

スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」を利用した時の還元率を比較すると、
「LINEポイントクラブ」のクーポンを使えるなら、「LINE Pay(ラインペイ)」×5%OFFクーポンが一番有利になりそうです。


「LINEポイントクラブ」のクーポンを使えないなら、高還元率のクレジットカードそのもので支払う方法もあります。

「Visa LINE Payクレジットカード」は2021年4月30日までなら3%還元率で超絶お得!

2021年4月30日までなら3%還元率で、「Visa LINE Payクレジットカード」が圧倒的にお得です。

ちなみに「d払い」との組み合わせでは3.5%還元率も可能なので、要チェックです。

キャンペーンは高還元率のことも!

キャンペーンが実施されていると、そちらのほうが圧倒的に有利なこともあります。

スシローでお得になる方法はいろいろある!

クーポンを利用する

スシローで利用できるクーポンを入手するとお得になります。入手する方法はいろいろあります。

・スシローのLINE公式アカウントで割引クーポンが当たる
・スシローで会計した際のレシートのクーポン(アンケート回答でもらえる)
・LINE Payのキャンペーンでクーポンが配布されることあり(「LINEポイントクラブ」特典クーポン等)
・auスマートパスプレミアム(有料サービス)のクーポン(毎週木曜日「おすし2皿無料」)

5%OFFのクーポン(LINE Pay)や50円引きのクーポンなら割とかんたんに手に入りますが、スマホ決済のキャンペーンを利用すれば超絶にお得になることもあるので、要チェックです。

「まいどポイント」を貯める

「スシロー」をよく利用するなら、アプリをダウンロードして「まいどポイント」を貯める方法がおすすめです。

→公式サイト

「まいどポイント」の貯め方
◆アプリで予約し、来店時に店舗でチェックインするとポイント
◆持ち帰りネット注文でもポイント

「まいどポイント」を貯めると、割引や感謝まいど盛りがプレゼントされて、かなりお得になります。

ステージ1(鉄火巻ランク):来店2回目で「会計から50円引き」ゲット

ステージ2(軍艦ねぎ鮪ランク):来店4回目で「会計から100円引き」ゲット

ステージ3(漬けまぐろランク):来店8回目で「会計から100円引き」ゲット

ステージ4(赤身ランク):来店12回目で「会計から150円引き」ゲット

中間特典:来店18回目で「だっこずしグッズ」ゲット

ステージ5(中とろランク):来店24回目で「会計から300円引き」ゲット

ステージ6(倍とろランク):来店36回目で「感謝まいど盛り」ゲット

ステージ7(大とろランク):来店48回目で「感謝まいど盛り」ゲット

※それぞれ特典は最低利用金額や、有効期限(使用するを押してから60分)等あり

「まいどポイント」の利用期限は短めです。

ポイント付与期間:2019年10月1日~2020年9月30日
上記期間に付与された特典の利用期間:2019年10月1日~2020年10月31日

まとめ

スシローで「LINE Pay(ラインペイ)」と「楽天ペイ」を利用した時の還元率を比較すると、
「LINEポイントクラブ」のクーポンを使えるなら、「LINE Pay(ラインペイ)」×5%OFFクーポンが一番有利になりそうです。

「LINEポイントクラブ」のクーポンを使えないようなら、高還元率のクレジットカードで、クレジットカードそのもので支払ったほうがお得かもしれません。(ただしスシローの場合、クレジットカード支払いで利用できる国際ブランドはVISA/Mastercardのみ)

よくスシローを利用するなら、アプリをダウンロードして「まいどポイント」を貯める方法も。

キャンペーンは要チェックです!

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする