人気のホームセンター『ジョイフル本田』でau Pay(エーユーペイ)は使える?使えない?【2020年10月最新版】

『ジョイフル本田』でau Pay(エーユーペイ)は支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

関東圏に15店舗ある『ジョイフル本田』は、郊外に超大型店舗を展開することで知られる人気のホームセンターです。その敷地面積は東京ドームと比較するほどで、茨城県の「ニューポートひたちなか店」はドーム5.1個分にもなります。

テーマパークのように広いホームセンター『ジョイフル本田』はキャッシュレス化が進んでいると言われていますが、支払いにau Pay(エーユーペイ)は使えるのでしょうか。

今回の記事では、『ジョイフル本田』でau Pay(エーユーペイ)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

【2020年10月最新版】

スポンサーリンク

 


『ジョイフル本田』でau Pay(auペイ)は使えない

結論から言うと、『ジョイフル本田』では、au Pay(エーユーペイ)は使えません

ジョイフル本田で使えるキャッシュレス決済方法は、クレジットカードと一部のQRコード決済、店舗によって電子マネーも利用できるようです。

⇒「QRコード決済を開始いたしました」(ジョイフル本田公式サイト)

⇒「電子マネーを利用することはできますか?」(ジョイフル本田公式サイト)

積極的にキャッシュレス化を進めているので、今後も決済方法が増えていくかもしれません。

⇒『ジョイフル本田』公式サイト

『ジョイフル本田』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『ジョイフル本田』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(店舗による)
電子マネー・楽天Edy△(店舗による)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(店舗による)
電子マネー・WAON(ワオン)△(店舗による)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(店舗による)
iD※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

『ジョイフル本田』のおすすめ情報

『ジョイフル本田』を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

Tポイントが貯まる・使える

『ジョイフル本田』は、ホームセンターとしては珍しい「Tポイント加盟店」です。200円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円で支払いに使えます。

支払時にはTポイントカードの提示を忘れないようにしましょう。

LINE公式アカウントをチェック

『ジョイフル本田』のLINE公式アカウントに友達登録をしておくと、キャンペーン情報やお得なクーポンが配信されます。

アカウントはオフィシャル以外に各店舗ごとにもあります。公式サイトからアクセスしてみましょう。

⇒『ジョイフル本田』LINE公式アカウント

株主優待券が使える

『ジョイフル本田』の株主優待券(金券)がヤフオクやラクマなどで流通しています。思い切って株主になることもお得に利用する方法なのですが、株主優待券を安く手に入れることができればちょっとした節約になります。

au PAY(auペイ)ならau PAYカード

ジョイフル本田ではauペイは利用できませんが、au PAY(auペイ)を使える店舗ならau PAYカードは要チェックです。

au PAYカードの強みは、

・au PAY残高にチャージして二重取り可能
・Pontaポイントが貯まる

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはPontaポイントなので使い道に困ることもなし。

何よりもau PAY残高へのチャージと支払いで二重取りが可能。

au PAY(auペイ)残高へのチャージでポイント付与対象外のクレジットカードがある中、au PAYカードは要チェックのクレジットカードです。

まとめ

『ジョイフル本田』でau Pay(エーユーペイ)は使えません。

クレジットカード以外にスマホによるQR決済や電子マネーもいくつか使えるので、キャンペーン等を利用することでお得に買い物ができます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSを活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする