Apple Pay・Google Pay・LINE Pay・nanacoなどで「JCB ゴールド」はお得でおすすめなのか?

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。慎重に選びたいものですね。

JCBが発行するプロパーカードのオリジナルシリーズ「JCB ゴールド」と、お財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・楽天ペイ・LINE Pay・電子マネー・PASMO・Suica・Edy・nanaco・quicpayなど)の相性について調べてみました。

スポンサーリンク

 


もくじ

Apple Payと「JCB ゴールド」の相性は?

「JCBゴールド」をApple Payに登録すると、ポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

→「JCB」でApple Pay(公式)

QUICPayに対応した店舗での会計時に、店員さんに「QUICPayで」と伝えて読み取り機にiPhoneをかざすだけで支払いができます。

一般的に、Apple Payと相性の良いブランドはJCBとMasterCard(マスターカード)、それにAmerican Express(アメックス)だと言われています。
VISAは実店舗での利用は問題ありませんが、ネットショップでの決済に難があります。JCBとMasterCardとアメックスは実店舗だけでなく、App内やWeb上での支払いにも対応しています。

クレジットカードによっては、Apple Payに登録することでコンタクトレスに使うことができるようになるものもあります。

※コンタクトレス:レジの読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけでクレジット決済が完了する非接触決済サービスのこと。

Google Payと「JCB ゴールド」の相性は?

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「JCBゴールド」は登録できます。登録してポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

しかし今のところは対応するクレジットカードの種類が限られています。ほとんどの人にとってGoogle Payは、楽天Edy・WAON・Suica・nanacoを経由して支払いをするキャッシュレスサービスという存在といえます。

Google Payが電子マネーを統括するサービスだとすれば、電子マネーにクレジットチャージをしてポイントをゲットするのが一番お得な使い方なのは言うまでもありません。

まずnanacoですが、残念ながらGoogle Payに登録したnanacoはクレジットカードによるチャージができません。ここが既存のnanacoモバイルアプリと異なる点です。

→Google Payとnanaco(nanaco公式)

次は楽天Edy。楽天Edyへのチャージに使えるクレジットカードはJCB、American Express、MasterCard、VISAです。

「JCBゴールド」は楽天Edyへのチャージは可能です。

→Google Payと楽天Edy(公式)

次にSuica。Google Payはおサイフケータイ機能を持つスマートフォンにとって、モバイルSuicaを年会費無料で使うための救世主となりました。

Google PayのモバイルSuica(Google Pay Suica)は、ざっくり言うと従来のAndroid版モバイルSuicaから以下の機能を除いた無料版です。

【Google Pay Suicaができないこと】

  • 銀行チャージ
  • 定期券の購入
  • Suicaグリーン券の購入
  • モバイルSuica特急券
  • エクスプレス予約サービス
  • JREポイントの受け取り
  • ネット決済
  • 再発行
  • 払い戻し・退会

→「SuicaがGoogle Payに対応しました」(公式PDF)

Google Pay Suicaのチャージに使えるクレジットカードは「Googleアカウントに登録されているクレジットカード」です。

アカウントに登録できるクレジットカードは、公式によると次のブランドとのこと。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB
  • Visa Electron

「JCBゴールド」はアカウントに登録してSuicaチャージに使えます。ただしクレジットポイントは付与されません。

最後にWAONです。Google Payが新たに導入したGoogle Pay版のモバイルWAONは、従来のモバイルWAONから必要最小限の機能だけを抜き出したものです。

クレジットチャージが可能ですが、イオンマークのあるカードからのチャージになります。

「JCBゴールド」からWAONへのチャージは残念ながらできません。

楽天ペイと「JCB ゴールド」の相性は?

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、公式サイトによると次のとおりです。

  • 全ての楽天カード
  • その他のVisa、Mastercardのクレジットカード

「JCBゴールド」はJCBブランドなので、残念ながら楽天ペイを利用することができません。

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

楽天ペイアプリにクレジットカードを登録して利用すると、クレジットポイント以外に200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付きます。(通常キャンペーン)

→楽天ペイアプリの詳細(公式)

楽天ペイに対応したお店では、楽天ペイを使わないと損です。

LINE Payと「JCB ゴールド」の相性は?

LINE Payに登録できるクレジットカードはVISA、JCB、AmericanExpress、Diners、MasterCardといろいろあります。

「JCBゴールド」を含めたクレジットカードとLINE Payの連携はあまり注目されていません。

というのも、LINE Payのチャージにクレジットカードが使えるというわけではないからです。あくまでもLINE関連のサービスを利用する際にクレジット決済が便利に行えるというだけです。

それでもメリットはあります。

実はLINE Payにクレジットカードを登録して、そこからLINEクレジットにチャージすると最大で25%のボーナスがもらえるのですが、意外と知られていません。

LINE Payに「JCBゴールド」を登録して10000円チャージすることで、LINEクレジット12500円分になります。(2019年7月現在)

※LINEクレジットとは、LINEストアの中だけで利用できるマネーのことです。

Origami Payと「JCB ゴールド」の相性は?

Origami Pay(オリガミ ペイ)の場合、対応しているクレジットカードがVISAとMastercardだけです。

「JCBゴールド」はJCBブランドなので、残念ながらOrigami Payに登録できません。

Origami Payを利用するメリットは、独自の割引制度にあります。店舗によって2%オフだったり、5%オフだったり、時には50%オフのキャンペーンがあったりします。

それに加えてクレジットポイントも付くわけですから、Origamiに対応した店舗ではOrigamiを使わないと損です。

そういう点では、VISAとMastercardであればどのクレジットカードでもOrigami Payとの相性は良いと言えそうです。

→スマホ決済アプリ「Origami」(公式)

PayPayと「JCB ゴールド」の相性は?

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②登録したクレジットカードで支払う方法があります。

②に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBはYahoo! JAPANカードのみとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のYahoo! JAPANカードだけです。

「JCBゴールド」はJCBブランドのためPayPayでは登録できません。

電子マネーと「JCB ゴールド」の相性は?

「JCBゴールド」でチャージができる電子マネーはありますが、ほとんどがポイントは付与されません。

Suica

「JCBゴールド」は、iPhone版モバイルSuicaへのチャージが可能です。ポイントは付与されません。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「JCBゴールド」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ポイントは付与されません。

※Android版モバイルSuicaの利用には年会費1050円(税込)が必要になります。

PASMO

「JCBゴールド」はPASMOへのチャージには使えません。

PASMOのチャージに使えるクレジットカードは、一部の交通系クレジットカードだけです。

Edy

「JCBゴールド」は楽天Edyへのチャージに使えますが、ポイントは付与されません。

nanaco

「JCBゴールド」はnanacoへのチャージに使えますが、ポイントは付与されません。

WAON

「JCBゴールド」はWAONへのチャージには使えません。

WAONにチャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。そのうちでもポイントが付与されるものとなると、ごく少数です。

QUICPay/iD

Apple Payへの登録により、「JCBゴールド」はQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになります。

「JCBゴールド」はQUICPay搭載型を申し込むことができます。これなら1枚で済みます。

他にも、おサイフケータイ機能付きであれば、QUICPayモバイルを利用することが可能です。

クイックペイ専用のカードタイプを発行することもできます。

nanacoカードを持っていれば、nanacoカード1枚でnanacoとクイックペイの2つの電子マネーが使えます(nanacoカードの裏面にQUICPayマークあり)。申し込み手続きを行うことで、QUICPay機能が利用できます。

ランニング時にリストバンドに装着したり、コインケースに入れたりと、手軽に持ち運ぶことができるQUICPayコインを利用することもできます。

また、Google Payに登録できるようになりました。「JCBゴールド」はQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになります。 (端末が「おサイフケータイ」に対応している必要あり)

電子マネー関連をまとめると、次のようになります。

Suicaチャージ可(ポイント付与なし)
PASMO
Edyチャージ可(ポイント付与なし)
nanacoチャージ可(ポイント付与なし)
WAON
QUICPay利用可
iD

プリペイドカードと「JCB ゴールド」の相性は?

おさいふPonta

「JCBゴールド」からおさいふPontaへのチャージは可能ですが、チャージ事務処理手数料200円+税がかかります。

おさいふPontaへのチャージができるクレジットカードは、公式によると次のようになっています。

  • 本人認証サービスに対応しているカード
    〔J/Secure(JCB)、Verified by VISA、MasterCard SecureCode〕
  • セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカード以外は基本的にチャージ手数料がかかります。

→おさいふPontaへのチャージ方法(公式)

au WALLET プリペイドカード

au WALLETへの直接チャージは、MasterCardと一部のVISA,JCBカードのみが可能となっています。

auの公式によれば、直接のクレジットチャージが可能なのは、下記のカードとのことです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

ただし、実際のチャージには本人認証サービスが関わってくるので、たとえMasterCardであっても本人認証サービスに対応していない発行会社のカードは使えません。

「JCBゴールド」の場合、JCBブランドなのでau WALLETへチャージできません。

au WALLETプリペイドカードへのチャージ方法として、auかんたん決済を経由する方法があります。

公式によると、auかんたん決済経由でチャージが可能なクレジットカードは次のとおりです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

LINE Pay カード

LINE Pay カードへのチャージ方法には、クレジットカードからのチャージシステムがないため、「JCBゴールド」からのチャージはできません。

「JCB ゴールド」のおすすめポイント

JCBのプロパーカードである「JCBゴールド」が好まれるには理由があります。

空港ラウンジが無料で利用可能

「JCBゴールド」を持っていると国内主要空港、一部の海外空港ラウンジも無料で利用できます。

旭川空港「LOUNGE 大雪(TAISETSU)」
新千歳空港「スーパーラウンジ」「ロイヤルラウンジ」
函館空港「ビジネスラウンジ A Spring.」
青森空港「エアポートラウンジ」
秋田空港「ロイヤルスカイ」
仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」
成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)1」
成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)2」
羽田空港 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」「POWER LOUNGE NORTH」「POWER LOUNGE SOUTH」
羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」「POWER LOUNGE CENTRAL」「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」
富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」
中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジ セントレア」
新潟空港「エアリウムラウンジ」
富山空港「ラウンジ らいちょう」
小松空港「スカイラウンジ白山」
大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」
関西国際空港「六甲」「アネックス六甲」「金剛」「比叡」「KIX エアポートラウンジ」
神戸空港「ラウンジ神戸」
岡山空港「ラウンジ マスカット」
広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港「ラウンジ DAISEN」
出雲空港「出雲縁結び空港エアポートラウンジ」
山口宇部空港「ラウンジ きらら」
高松空港「ラウンジ 讃岐」
徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
松山空港「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」
福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」「ラウンジTIMEインターナショナル」
北九州空港「ラウンジ ひまわり」
長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
大分空港「ラウンジ くにさき」
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」
那覇空港「ラウンジ華~hana~」
ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE(アイ・エー・エス・エス ハワイ ラウンジ)」

同伴者は有料となります。(同伴者料金は空港による)

家族会員も無料で上記ラウンジが利用できます。「JCBゴールド」の場合、家族カード1枚目は無料なので、申し込んでおいたほうが便利です。

「JCBゴールド」で利用できるラウンジについては下記でも紹介しています。

海外旅行保険が充実

海外旅行傷害保険が付帯されます。

補償内容は次のようになっています。

保険の種類保険金額
本会員/家族会員家族特約
傷害死亡・後遺障害最高1億円(利用付帯)
最高5000万円(自動付帯)
最高1000万円
傷害治療費用300万円(1事故の限度額)200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用300万円(1疾病の限度額)200万円(1疾病の限度額)
個人賠償責任1億円(1事故の限度額)2000万円(1事故の限度額)
携行品損害(免責3000円)1旅行中50万円限度
保険期間中100万円限度
1旅行中50万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等400万円限度200万円限度

海外航空機遅延保険もあります。(自動付帯)

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)・出航遅延費用等保険金(食事代)・寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)各2万円限度と寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度がついています。

国内旅行保険が充実

国内旅行中の事故や、ホテル・旅館内での火災事故等に対して傷害死亡・後遺障害保険金最高5000万円を補償されます。(自動付帯)

国内航空機遅延保険もあります。(自動付帯)

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)・出航遅延費用等保険金(食事代)・寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)各2万円限度と寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度がついています。

ショッピングガード保険

「JCBゴールド」で購入した品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償されます。
(年間最高500万円を補償。自己負担額1回の事故につき3000円)

グルメ優待サービス

全国250店舗で、事前予約、専用クーポンの提示、「JCBゴールド」で支払いをすると飲食代金またはコース代金より20%OFFとなるサービスがあります。

クラブオフが利用できる!

映画館やスポーツクラブなど全国70,000ヵ所以上の施設で利用できる優待サービスです。

「クラブオフ」は、企業・法人・団体が契約する法人会員制クラブです。
クラブ運営のための費用を、お客様が所属する企業・法人にご負担いただくことで、 会員のみなさまは毎日の暮らしや余暇に役立つ多彩なサービスをメンバー限定の会員優待料金で利用できます。

ホテルや旅館の予約ができ、VIP会員なら1泊500円で泊まれるセールも毎週開催されています。

リゾートメニューなども会員優待特別料金で利用できます。

人気のジェフグルメカード(全国共通お食事券)が送料無料・(100枚セット)50000円 → 48000円(4%OFF)で購入出来たりもします。

→公式サイト

「JCB ゴールド ザ・プレミア」のインビテーションが来る可能性も

JCB ORIGINAL SERIESの「JCBゴールド」を利用し、一定の条件を満たすと、ワンランク上のゴールドカード「JCB ゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待)が届きます。

「JCB ゴールド ザ・プレミア」は「JCBゴールド」のオプションサービスになります。

「JCB ゴールド ザ・プレミア」には、
「JCB Lounge 京都」、プライオリティパス、ダイニング30(対象店舗で利用合計金額またはコース代金から30%引きになるサービス)、OkiDokiポイントの有効期限(5年)、JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)ポイント優遇率10%アップなど、さらに充実したサービスがついてきます。

特にプライオリティパスは、年会費無料、1回ごとの使用料も無料で利用できます。
年間100万円(税込)以上のショッピング利用で「JCBゴールド ザ・プレミア」の年会費が無料になるので、プライオリティパスを実質年会費10000円+税で利用できることになります。
これはプライオリティパスを無料で利用できるクレジットカードの中でも最安値クラスです。

JCB ORIGINAL SERIESの「JCBゴールド」ショッピング利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上になるとインビテーション(招待)が届きます。

年会費は「JCBゴールド」とは別に5000円(税別)が必要になりますが、年間100万円(税込)以上のショッピング利用で無料になります。(家族会員は無料)

「JCB ザ・クラス」への道も

「JCB ザ・クラス」というJCBの最上位のステータスと価値を持つクレジットカードがあります。

「JCB ザ・クラス」になると、
ザ・クラス・コンシェルジュデスク、ザ・クラス メンバーズ・セレクション、グルメ・ベネフィット(対象店舗で所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金が無料になるサービス)など、卓越したサービスがついてきます。

(以前は、年1回好きな商品と交換できるザ・クラス メンバーズ・セレクションにディズニーランドのクラブ33が利用できるものもありました。)

「JCB ザ・クラス」は完全インビテーション(招待)制なので、下位のクレジットカードを使って地道にJCBでの実績を積んでいく必要があります。

そのための最初の一歩に「JCBゴールド」は適したクレジットカードです。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー」でポイントアップ

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの店舗ではポイントがアップします。

セブンイレブンやスターバックス等、いろいろな店舗が対象になっています。事前に登録が必要な場合もあります。

→JCB ORIGINAL SERIESパートナー

スターバックスカードへのチャージでポイント10倍

スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージでOki Dokiポイントが10倍貯まります。0.5×10倍=5%還元率です!

「JCBゴールド」入会後、キャンペーン参加登録が必要です。
※店舗での入金はポイント倍付けの対象となりません。

Oki Doki ランド

「OkiDokiランド」はJCB会員専用のポイント優待サイトです。OkiDokiランドを経由して買い物をするだけでポイントが貯まります。

Amazon(アマゾン)も対象で、「MyJチェック」に登録していれば、ほとんどの商品でポイント3倍になります。(対象外商品あり)

→OkiDokiランド

スペック

「JCB ゴールド」の基本スペックです。

国際ブランド

JCBブランドです。

申し込み資格

20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。(学生不可)

還元率・ポイント・有効期限

【還元率】0.5%~

・ポイント還元率:0.5%~

クレジットカード利用額1000円につき 1 OkiDokiポイント(=5円相当の価値)が貯まります。

「MyJチェック」の登録があり、海外でカード利用すると自動的にポイントが2倍になります。(1%還元率)

JCBスターメンバーズが適用されるので、年間利用額によってポイントがアップします。

集計期間中の利用合計金額(税込)メンバーランク名称ボーナス
300万円以上ロイヤルαPLUS60%
100万円以上スターαPLUS50%
50万円以上スターβPLUS20%
30万円以上スターePLUS10%

集計期間は12/16~翌年12/15の1年間、適用はその次の年の2月~翌年1月までになります。

例)
集計期間:2018年12月16日2019年12月15日利用分
適用期間:2020年2月~2021年1月支払い分

【有効期限】

OkiDokiポイント:獲得月より3年間(36ヵ月)です。

年会費

10000円+税
・初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)※切替対象外

家族カード

1名無料、
2人目より1名につき1000円(税別)
(本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料)

ETCカード

年会費無料で発行できます。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険が付帯されます。航空機遅延保険もあります。
死亡・後遺障害:最高1億円(利用付帯)、最高5000万円(自動付帯)

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険が自動付帯されます。航空機遅延保険もあります。
死亡・後遺障害:最高5000万円

ショッピングガード保険

ショッピングガード保険が付帯しており、500万円まで補償されます。

スペック表

国際ブランドJCB
カード発行会社JCB
申し込み資格20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。(学生不可)
年会費10000円+税
・初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
支払日(口座引落の場合)15日締め翌月10日払い
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイントの有効期限3年間
ETCカード無料で発行、年会費無料
家族カード1名無料、2人目より1名につき1000円(税別)(本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料)
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高5000万円(自動付帯)

「JCB ゴールド」はこういう人におすすめ

「JCBゴールド」は次のような人に向いているカードです。

・ゴールドカードを持ちたい人
・プロパーのクレジットカードを持ちたい人

「JCBゴールド」は、年会費10000円+税で家族カードも1枚目は無料なので、コスパのよいゴールドカードです。

クレジットカードの利用実績(クレヒス)を積んでいけば上位カードのインビテーションもくる入り口の1枚なので、今後上位カードを狙いたい人にはおすすめのクレジットカードです。

「JCB ゴールド」はこういう人には向かない

「JCBゴールド」は次のような人にはおすすめできません。

・ポイント還元率が高いクレジットカードがほしい人
・年会費無料のカードが欲しい人

「JCBゴールド」は、還元率に興味がある人には向きません。

まとめ

お財布レスの時代、クレジットカードや電子マネーの選び方でどれだけ得するかが決まります。どの電子マネーを主に使うかによって、クレジットカードの選択は変わってきます。

しかし、クレジットカードは実は還元率だけではありません。

クレジットカードの利用実績(クレヒス)を積んでいけば上位カードのインビテーション(招待)が届き、あまり知られていない特典を享受できることもあります。

その特典は時にありえないほどお得なこともあります。

「JCB ゴールド」は還元率だけではわからない、実におすすめのクレジットカードです。

「JCB ゴールド」
おすすめポイント空港ラウンジが無料で利用できる
「JCB ゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待)がくることも
海外旅行保険、国内旅行保険が充実
申し込み資格20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。(学生不可)
年会費10000円+税
・初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
家族カード1名無料、2人目より1名につき1000円(税別)(本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料)
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)※自動付帯は最高5000万円
国内旅行傷害保険最高5000万円(自動付帯)
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
公式サイト
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする