「ほっかほっか亭」でLINE Pay(ラインペイ)は支払い・決済に使えるかどうか?

「ほっかほっか亭」でLINE Pay(ラインペイ)は支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのかを知りたい!

お弁当チェーンのパイオニア「ほっかほっか亭」。以前のお弁当チェーンは現金オンリーで打つ手なし、という感じでした。最近はキャッシュレス決済が進んでいると聞きますが、「ほっかほっか亭」ではLINE Pay(ラインペイ)は使えるのでしょうか。

今回の記事では、「ほっかほっか亭」でLINE Pay(ラインペイ)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


「ほっかほっか亭」でLINE Pay(ラインペイ)は・・・

結論から言うと、「ほっかほっか亭」ではLINE Pay(ラインペイ)が利用できます

クレジットカードへの対応も充実。公式サイトによると、利用できるブランドは次の通り。

JCB、VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス®、DINERS、DISCOVER、銀聯、JCBプレモ

通常のクレカの使い方以外にも、最近登場し始めたコンタクトレス決済にも対応しています。

VISAタッチ決済、Mastercardコンタクトレス

LINE Pay(ラインペイ)のコード決済(コード払い)・QRコード決済を使う場合は、QR/バーコード画面を提示して、読み取ってもらいます。

レジへ
→LINEのウォレットをタップ
コード支払いをタップ
→パスワード入力
→支払いは「ラインペイで」と伝え、QR/バーコード画面を提示
→レジでQR/バーコード画面を読み取ってもらう
→支払い完了

LINE Pay(ラインペイ)の支払い方法

「LINE Pay(ラインペイ)」でLINEPay(ラインペイ)・QRコード決済で支払う場合、その元の支払い方法は1種類あります。

◆LINE Pay(ラインペイ)残高から支払う方法

事前にLINE Pay(ラインペイ)残高へのチャージが必要です。

LINE Pay(ラインペイ)残高へのチャージ方法

LINE Pay(ラインペイ)残高へチャージする方法は以下になります。

・銀行口座からのチャージ
・セブン銀行ATMでチャージ
・Famiポートでチャージ
・LINE Pay カード レジチャージ
・QR/バーコードを表示してレジでチャージ
・「VISA LINE Payクレジットカード」による「チャージ&ペイ」

「LINE Pay(ラインペイ)」でLINE Pay(ラインペイ)を利用した時の還元率

「LINE Pay(ラインペイ)」決済時の還元率は、「LINEポイントクラブ」によります。

「LINEポイントクラブ」は、過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」の総量を基準に、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのマイランクが提供されます。

マイランクの主な特典は、クーポン「チャージ&ペイ」の還元率になります。

必要ポイント数マイランク特典クーポン(毎月/枚)チャージ&ペイ利用時の還元率
5000ポイント→プラチナ10枚3%
500ポイント→ゴールド6枚2%
100ポイント→シルバー3枚1.5%
0→レギュラー1枚1%

※「プラチナ」へのランクアップはさらに条件があります。
「LINEポイント」の獲得に加え、「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payアカウントに登録することが必須条件です。

特典の1つである「チャージ&ペイ」は、「Visa LINE Payクレジットカード」がないと利用できません。

つまり、「LINE Pay(ラインペイ)」決済の還元率は、「Visa LINE Payクレジットカード」を持っていない限り0%です。(持っていればマイランクによって1~3%になります。)

「ほっかほっか亭」の支払い方法・キャッシュレス対応状況

全国に960店舗以上ある「ほっかほっか亭」。お弁当チェーンでは業界3位の規模。

→「ほっかほっか亭」店舗検索(公式)

「ほっかほっか亭」の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ○(メルペイiD)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)○(使える)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

2019年9月より、QR決済の導入を全国的に進めています。

⇒プレスリリース(PDF)

電子マネー等の導入も業界トップクラス。また、Apple PayやVisaタッチ決済、マスターカードコンタクトレスへの対応も業界唯一です。

また、2020年春から楽天ポイントが導入されることになっています。200円につき1ポイント貯まります。

⇒プレスリリース(PDF)

「ほっかほっか亭」でお得になる方法はいろいろある!

ほっかほっか亭をお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

独自の「ほっかポイント」をアプリで

ほっかほっか亭独自の「ほっかポイント」は、200円以上の購入1回につき1ポイントが付与されるスタンプカードのようなもの。5ポイントからクーポンと交換できます。

5ポイント・・・ドリンク1本
10ポイント・・・唐揚またはカレールー
15ポイント・・・のり弁当または300円引き

アプリではお得情報やクーポンやキャンペーン情報が不定期に配信されます。店舗検索や大量注文の受付もアプリでできます。

お店に行く前にダウンロードして無料会員登録を済ませておきましょう。

ほっかポイントアプリ

ほっかポイントアプリ
開発元:HURXLEY CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

スクラッチやリツイートキャンペーンも

不定期に行われるキャンペーンがあります。店舗によって異なることも。

地域限定のキャンペーンあり

キャンペーンが地域限定の場合もあります。アプリに登録する際に最寄の店舗を登録するので、お得情報を見逃さずに済みます。

「すみっこぐらし」「リラックマ」など人気キャラクターや作品とのコラボキャンペーンが定期的に行われています。人気のオリジナルグッズはファンにとってはプライスレス!

期間限定のフェアも見逃せない

不定期に開催される期間限定のフェアでは、人気弁当や新作メニューが割引価格で提供されます。公式サイトやアプリ、SNS等を活用して、最新情報を見逃さないようにしましょう。

⇒ほっかほっか亭 公式Twitterアカウント

「ほっかほっか亭」での利用におすすめのクレジットカードは?

クレジットカードと電子マネーが使える「ほっかほっか亭」におすすめのクレカがあります。それは次の2つです。

ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで決済

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

ビックカメラSuicaカードはSuicaユーザー御用達のクレジットカード。Suicaへのチャージで1000円につき15ポイントのJREポイントが付与されます。

ほっかほっか亭の場合、Suicaチャージで1.5%、楽天ポイントカード提示で0.5%、合計2.0%の還元率になります。

Suicaチャージ1000円につき15ポイント(1.5%)
クーポンなどクーポンの割引率による
ほっかポイント1会計で1ポイント
楽天ポイント200円につき1ポイント
合計:2.0%+クーポン+ほっかポイント

リクルートカードでチャージした電子マネーで決済

もう一つの方法は電子マネーへのチャージで1.2%のポイントが付くリクルートカードを導入することです。

さまざまな電子マネーへのチャージでクレジットポイントが付くリクルートカード。普段使い慣れている電子マネーで決済ができる方がいいという人は多いはず。

リクルートカードならモバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージがポイント付与の対象となります。

ただし、ポイント加算の対象となるのは利用金額の合算で月間30,000円まで。しかもそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額なので注意が必要です。

ほっかほっか亭でリクルートカードからチャージした楽天Edyを使って決済すれば、楽天Edyのポイント0.5%+リクルートカードのクレジットポイント1.2%で合計1.7%以上になります。

楽天Edyのポイント0.5%
チャージによるポイント1.2%(30,000円相当まで)
クーポンクーポンの割引率による
ほっかポイント1会計で1ポイント
楽天ポイント200円につき1ポイント
合計:1.7%+クーポン+ポイント

まとめ

「ほっかほっか亭」ではLINE Pay(ラインペイ)が使えるので便利で安心です。

QR決済への対応が急速に進んでいます。スマホ決済がいろいろ使えれば、キャンペーン等でお得に利用できます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSを活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする