人気のリユースショップ『ハードオフ』で支払いにクレジットカードは使える?使えない?

『ハードオフ』でクレジットカードは支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

さまざまなジャンルの商品を扱うリユース(リサイクル)ショップ『ハードオフ』。明るく清潔な雰囲気の店内にお宝が並ぶ人気のお店です。全国で900店舗以上を展開しています。

常にリユース業界の最先端を行く『ハードオフ』では、キャッシュレス化も進んでいると言われていますが、購入時の支払いにクレジットカードは使えるのでしょうか。

今回の記事では、『ハードオフ』でクレジットカードが利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

『ハードオフ』でクレジットカードは・・・

結論から言うと、『ハードオフ』では、クレジットカードが使えます

使えるクレジットカードのブランドはおおむね次の通りです。

VISA、JCB、AMEX、Diners、UC、DC、NICOS など

また、一部店舗では下記の電子マネーやQR決済が使えるようです。

交通系電子マネー(Suica,ICOCAなど)、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay、PayPay、LINE Pay

キャッシュレス化は店舗によって異なる場合がありますので、事前に電話・メール等で確認することをおすすめします。

⇒『ハードオフ』店舗検索

『ハードオフ』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

「ハードオフ」「オフハウス」「ホビーオフ」「ガレージオフ」「モードオフ」「リカーオフ」「ブックオフ」のブランドを持つ『ハードオフ』は、リユース業界を牽引する存在です。

⇒「ハードオフ」公式サイト

『ハードオフ』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)△(一部で使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)△(一部で使える)
メルペイ(iD決済)△(一部で使える)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(一部で使える)
電子マネー・楽天Edy△(一部で使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

『ハードオフ』のおすすめ情報

『ハードオフ』を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

公式アプリでクーポンゲット

『ハードオフ』の公式アプリでは、不定期にクーポンが配布されることがあります。会員登録は無料なので、店に出かける前にアプリを仕込んでおきましょう。

初回ダウンロード特典として、3,000円以上の買い物で使える500円クーポンがもらえます。

ハードオフ公式アプリ

ハードオフ公式アプリ
開発元:株式会社ハードオフコーポレーション
無料
posted withアプリーチ

オリジナルポイントの「エコポ」が貯まる

来店で5ポイントもらえるオリジナルポイント「エコポ」。専用アプリでチェックインします。

500ポイント貯めると500円分のクーポンと交換できます。3000円以上の支払いで使えます。

OFFER(オファー)で買い取りラクラク

店舗から買取オファーが来るアプリ「OFFER(オファー)」。アプリ上に出品すると、全国のハードオフグループ店舗がそれを査定し、買取希望(オファー)を最大10件出してくれるというもの。

店頭に持ち込む前に査定金額がわかるというのは画期的です。不用品があったら、試しに出してみてはいかがでしょうか。

⇒OFFER(オファー)

『ハードオフ』での利用におすすめのクレジットカードは?

ビックカメラSuicaカードやエポスゴールドカードでチャージしたモバイルSuicaで決済・1.5%

Suicaを利用できる店舗なら、ビックカメラSuicaカード等のビューカードやエポスゴールドカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

ビックカメラSuicaカードはSuicaユーザー御用達のクレジットカード。Suicaへのチャージで1000円につき15ポイントのJREポイントが付与されます。

エポスゴールドカードは選べるポイントアップショップでモバイルスイカを選んでおけば1.5%還元率が可能です。

スタバ・Amazonもお得!「JCB CARD W」

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ
・「d払い」に登録して利用すれば合計1.5%還元率も可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもスマホ1つでOK。

まとめ

『ハードオフ』ではクレジットカードが使えます。

クレジットカード決済や一部のQR決済が使える店舗は順調に増えています。今後も導入が進められていくことが予想されます。

何より取り扱い商品のジャンルの多さで定評のある『ハードオフ』。ブランド品や靴など、思わぬ掘り出し物が見つかると評判です。

QR決済への対応が徐々に進んでいます。スマホ決済がいろいろ使えれば、キャンペーン等でお得に利用できます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSを活用しましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年7月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする