「d払い」と「楽天ペイ」コンビニ・ローソンで利用する場合お得なのは?<比較>【2020年8月最新版】

ローソンで利用する場合、「d払い」と「楽天ペイ」はどちらがお得になる?

コンビニはQRコード決済の導入が進んでいます。

ローソンでは、「d払い」「楽天ペイ」どちらのコード決済も利用できますが、どちらを使ったほうがお得になるのか、パッとわからないかもしれません。

今回の記事では、ローソンで「d払い」「楽天ペイ」を利用した場合、どのくらいのポイント還元率になるのか等比較についてまとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

ローソンで「d払い」を利用した時の還元率

ローソンで「d払い」を利用した時の還元率についてです。

主なクレジットカードを登録して利用する場合と、クレジットカードを利用しない場合で考えてみます。

 クレカ還元率「d払い」で合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%
楽天カード1%1.5%
dカード1%1.5%
ヤフーカード1%1.5%
au PAYカード1%1.5%
エポスカード0.5%1%
イオンカード0.5%1%
三井住友カード0.5%1%
JCB CARD W1%1.5%
クレジットカード利用せず0.5%

「d払い」は、リアル店舗での支払いで200円(税込)につき1ポイントもらえます。(0.5%還元率)

基本的にクレジットカードの還元率+0.5%になります。(クレジットカードを登録しない場合は「d払い」利用でもらえる0.5%還元率)

※ただし、d払いのキャンペーンは、dカード以外のクレジットカードは対象外になることがほとんどです。

ローソンで「楽天ペイ」を利用した時の還元率

ローソンで「楽天ペイ」を利用した時の還元率について検証します。

「楽天ペイ」は2020年7月~キャンペーンを実施しています。

「楽天ペイ」の場合、「楽天カード」とそれ以外のクレジットカードの場合で、お得度が変わってきます。クレジットカードを利用しない場合、楽天銀行からチャージといった方法が使えます。

 クレカ還元率「楽天ペイ」で合計
リクルートカード1.2%ポイントなし1.2%
楽天カード(チャージ払い)0.5%1%1.5%
dカード1%ポイントなし1%
ヤフーカード1%1%
au PAYカード1%1%
エポスカード0.5%0.5%
イオンカード0.5%0.5%
三井住友カード0.5%0.5%
JCB CARD W1%1%
楽天銀行からチャージ1%1%

「楽天ペイ」は、「楽天カード」以外の他クレジットカードでも支払いは可能ですが、支払いでポイント付与はありません。

「楽天カード」は1.5%還元率可能、楽天カード以外のクレジットカードはクレカ還元率になります。楽天銀行からのチャージなら1%還元率可能です。

ローソンで「d払い」VS「楽天ペイ」の場合・比較

ローソンで「d払い」と「楽天ペイ」を利用した時の還元率について比べると、以下になります。

 d払い 楽天ペイ
リクルートカード1.7%1.2%
楽天カード(チャージ払い)1.5%1.5%
dカード1.5%1%
ヤフーカード1.5%1%
au PAYカード1.5%1%
エポスカード1%0.5%
イオンカード1%0.5%
三井住友カード1%0.5%
JCB CARD W1.5%1%
クレジットカード利用せず(楽天銀行からチャージ)0.5%1%

クレジットカードを利用した場合「d払い」を利用したほうが有利ということになります。
クレジットカードを利用しない場合は、チャージ方法によっては「楽天ペイ」の方が有利になる場合がありそうです。


ただし、ローソンで「d払い」と「楽天ペイ」を比較した場合は「d払い」のほうが有利ですが、クレジットカードそのもので支払ったほうが実はお得かもしれません。

クレジットカードのほうが還元率がよい場合もあり

クレジットカード会社によっては、ローソンで利用するとポイントアップし還元率が上がる場合があります。

ローソンなら「dカード」が強い!

2020年7月7日~「dカード」を提示した場合は下記のようなポイント付与になります。
・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜)ごとに2ポイント(1%還元率)

が、dカードで支払分は変更ありません。

dポイント特約店のローソンで「dカード」「dカード ゴールド」を利用すると通常よりかなりお得です。

  • dカードを提示すると200円(税抜)につき1~2ポイント付与
  • dカードで決済すると100円(税抜)につき1ポイント付与
  • dカード請求時、買い物1回ごとに税抜価格から3%割引

合計4.5~5%還元は、通常時ならかなりの高還元率。

ドコモユーザー以外でも発行できますが、ドコモユーザーでローソンをよく利用するなら「dカード」「dカード ゴールド」は持っていて損はないでしょう。

「ローソンPontaプラス」もお得

年会費無料「ローソンPontaプラス」で決済すると、下記のようにポイントがたまります。

<2020年11月1日~>
・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜)ごとに2ポイント(1%還元率)
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜)ごとに4ポイント(2%還元率)

年会費無料のクレジットカードなので、こちらもおすすめです。

三井住友カードもポイント5倍!

三井住友カードはローソンで利用するとVポイントが5倍(通常+4倍)になります。

 ローソン通常還元率
三井住友カード2.5%0.5%
三井住友カード ゴールド
三井住友カード デビュープラス3%1%(0.5%+0.5%)

「Visa LINE Payクレジットカード」は2021年4月30日までなら3%還元率で超絶お得!

2021年4月30日までなら3%還元率で、「Visa LINE Payクレジットカード」が圧倒的にお得です。

ちなみに「d払い」との組み合わせでは3.5%還元率も可能なので、要チェックです。

キャンペーンは高還元率のことも!

キャンペーンが実施されていると、そちらのほうが圧倒的に有利なこともあります。要チェックです。

【忘れないで!】「Ponta(ポンタ)カード」「dポイントカード」提示で+0.5%~

ローソンでは、「Ponta(ポンタ)カード」もしくは「dポイントカード」を併用できます。

ポイントカード提示で+0.5~1%還元率です。支払い方法が何であってもOKです。

「Ponta(ポンタ)カード」or「dポイントカード」提示
・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜)ごとに2ポイント(1%還元率)
(2020年7月7日~上記へ変更)

「Ponta(ポンタ)カード」と「dポイントカード」はどちらか一方のみになります。併用はできません。

どちらを提示するかは好みでよいでしょう。

まとめ

コンビニ・ローソンで「d払い」と「楽天ペイ」を利用した場合を比較すると、クレジットカードを紐付けした「d払い」のほうが有利です。

ただ、持っているカードによっては、クレジットカードそのもので支払ったほうがお得かもしれませんよ。

支払いにプラスしてお得になる方法=「Ponta(ポンタ)カード」「dポイントカード」いずれか提示で+0.5~1%も取りこぼさないように!

キャンペーンも要チェックです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする