「d払い」と「au PAY(auペイ)」ファミリーマートでお得なのは?<比較>【2020年8月最新版】

ファミリーマート/ファミマで利用する場合、「d払い」と「au PAY(auペイ)」はどっちを使うとお得なの?

コンビニはQRコード決済の導入が進んでいます。

ファミリーマート/ファミマでは、「d払い」「au PAY(auペイ)」どちらのコード決済も利用できますが、どちらを使ったほうがお得になるのか、パッとわからないかもしれません。

今回の記事では、コンビニ・ファミリーマート/ファミマで「d払い」と「au PAY(auペイ)」を使った場合のポイント還元率について、どちらがお得か比較してみました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


コンビニ・ファミリーマート/ファミマで「d払い」を利用した時の還元率

ファミリーマート/ファミマで「d払い」を利用した時の還元率についてです。

主なクレジットカードを登録して利用する場合と、クレジットカードを利用しない場合で考えてみます。

 クレカ還元率「d払い」で合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%
楽天カード1%1.5%
dカード1%1.5%
ヤフーカード1%1.5%
au PAYカード1%1.5%
エポスカード0.5%1%
イオンカード0.5%1%
三井住友カード0.5%1%
JCB CARD W1%1.5%
クレジットカード利用せず0.5%

「d払い」は、リアル店舗での支払いで200円(税込)につき1ポイントもらえます。(0.5%還元率)

基本的にクレジットカードの還元率+0.5%になります。(クレジットカードを登録しない場合は「d払い」利用でもらえる0.5%還元率)

※ただし、d払いのキャンペーンは、dカード以外のクレジットカードは対象外になることがほとんどです。

コンビニ・ファミリーマート/ファミマで「au PAY(auペイ)」を利用した時の還元率

ファミリーマート/ファミマで「au PAY(auペイ)」を利用した時の還元率についてです。

「au PAY(auペイ)」で支払い時にもらえるポイントは以下です。

200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)

主なクレジットカードを登録して利用する場合と、クレジットカードを利用しない場合で考えてみます。

 クレカ還元率「auペイ」で合計
リクルートカード(VISA/マスター)(JCB:auユーザーのみ)付与なし0.5%0.5%
楽天カード(マスター/アメックス)(JCB・VISA:auユーザーのみ)1%1.5%
dカード(マスター)1%1.5%
ヤフーカード(マスター)1%1.5%
au PAYカード1%1.5%
エポスカード0.5%1%
イオンカード(マスター)
(JCB・VISA:auユーザーのみ)
0.5%1%
三井住友カード(マスター)0.5%1%
JCB CARD W(auユーザーのみ)付与なし0.5%
クレジットカード利用せず0.5%

基本的にクレジットカードの還元率+0.5%になりますが、「au PAY(auペイ)」の場合、チャージでポイントが付与されないクレジットカードが存在します。

クレジットカードを登録しない場合は「au PAY(auペイ)」利用でもらえる0.5%還元率です。

ファミリーマート/ファミマで「d払い」VS「au PAY(auペイ)」の場合、比較するとどっちがお得?

ファミリーマート/ファミマで「d払い」と「au PAY(auペイ)」を利用した時の還元率について比べると、以下になります。

 d払い auペイ
リクルートカード1.7%0.5%
楽天カード1.5%1.5%
dカード1.5%1.5%
ヤフーカード1.5%1.5%
au PAYカード1.5%1.5%
エポスカード1%1%
イオンカード1%1%
三井住友カード1%1%
JCB CARD W1.5%0.5%
クレジットカード利用せず0.5%0.5%

ファミリーマート/ファミマで「d払い」と「au PAY(auペイ)」を利用した時の還元率を比較すると、
クレジットカードを登録やチャージで使った時も使わない時も、ほとんどの場合において変わりません。
ただ、「au PAY(auペイ)」へのチャージでポイント付与がないクレジットカードは、「d払い」のほうが有利になります。


ファミリーマート/ファミマで「d払い」と「au PAY(auペイ)」を比較すると、クレジットカードを登録やチャージで使った時も使わない時も、ほとんどの場合において変わりませんが、実はクレジットカードそのもので支払ったほうがお得かもしれません。

クレジットカードのほうが還元率がよい場合もあり

クレジットカード会社によっては、ファミリーマート(ファミマ)で利用するとポイントアップし還元率が上がる場合があります。

「ファミマTカード」最大2%還元

ファミリーマートにおいて「ファミマTカード」で支払うと、最大2%還元率になります。(対象外商品あり)

Tポイントカード提示分の0.5%も含めて2%還元率です。

※ファミリーマートでのファミマTカードのクレジット払い利用で、利用金額200円(税込)につきショッピングポイントが1ポイント、クレジットポイントが3ポイント加算され、合計で4ポイント(2%分)
※ショッピングポイントをファミマTカード以外のポイントカードに加算された場合は、ファミマTカードに加算されるTポイントは3ポイント(クレジットポイント分のみ)

三井住友カードもポイント5倍!

三井住友カードはファミリーマートで利用するとVポイントが5倍(通常+4倍)になります。

 ファミリーマート通常還元率
三井住友カード2.5%0.5%
三井住友カード ゴールド
三井住友カード デビュープラス3%1%(0.5%+0.5%)

JALマイラーなら「JALカード」もお得

「JALカード」は、通常0.5%JALマイル還元率ですが、年会費3000円(税抜)のショッピングマイルプレミアムに加入するとJALマイル還元率が1%にアップします。

また、JALカード特約店ではマイルがアップするので、ファミリーマートなどの特約店の場合は、カード100円利用で2マイル、最大2%JALマイル還元率が可能です。

JALマイラーなら、こちらがおすすめです。

「Visa LINE Payクレジットカード」は2021年4月30日までなら3%還元率で超絶お得!

2021年4月30日までなら3%還元率で、「Visa LINE Payクレジットカード」が圧倒的にお得です。

ちなみに「d払い」との組み合わせでは3.5%還元率も可能なので、要チェックです。

キャンペーンは高還元率のことも!

キャンペーンが実施されていると、そちらのほうが圧倒的に有利なこともあります。要チェックです。

【忘れないで!】「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」提示で+0.5%

ファミリーマート(ファミマ)では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」を提示すると、併用してポイントが貯まります。

ポイントカード提示で+0.5%還元率です。支払い方法が何であってもOKです。

「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
※対象外商品あり

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、2つ、3つの併用はできません。

また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。

ポイントカードを連携させておけば、カードを持ち歩く必要もありません。またFamipayでの支払い時には提示も支払いも同じアプリで手間いらずです。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。

まとめ

コンビニ・ファミリーマート(ファミマ)で「d払い」と「au PAY(auペイ)」を利用した時の還元率を比較すると、クレジットカードを登録やチャージで使った時も使わない時も、ほとんどの場合において変わりません。

ただ、「au PAY(auペイ)」へのチャージでポイント付与がないクレジットカードは、「d払い」のほうが有利になります。

持っているカードによっては、クレジットカードそのもので支払ったほうがお得かもしれません。

支払いにプラスしてお得になる方法=「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれか提示で+0.5%も取りこぼさないように!

キャンペーンも要チェックです!

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする