ココスで交通系IC・PASMO(パスモ)は支払い・決済方法に使える?モバイルPASMOは?【2021年最新版】

『ココス』で交通系IC・PASMO(パスモ)を支払いに使えるのか知りたい!

『ココス』と言えば、キャッシュレス決済がかなり導入されているイメージがありますが、交通系IC・PASMO(パスモ)はどうでしょうか。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

『ココス(ココス)』で交通系IC・PASMO(パスモ)は支払いに使える

結論から言うと、『ココス』直営店では、交通系IC・PASMO(パスモ)が支払いに使えます。PASMO対応店舗ではモバイルPASMOも利用できます。


(画像:公式サイトより引用)

対応店舗でPASMO(パスモ)を利用するときは、以下のいずれかのパターンになります。

・スマホの場合:モバイルPASMO
・PASMOカード

いずれの支払い方法であっても、PASMO(パスモ)はプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

※iPhoneでもモバイルPASMOが利用できるようになりました。

富山、石川、福井、岐阜、滋賀、奈良、京都の各店舗は直営店ではないので、店によって対応状況が異なります。

QR決済や電子マネー等が使えるかどうかは公式サイトの店舗検索では確認できないので、各店舗に直接確認する必要があります。

⇒ココス 店舗検索(公式)

ココス(COCOS)では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

ココスの支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

<直営店舗の場合>

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年1月】

ココス(COCOS)でお得に食べる方法は?

ココスをお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

※富山・石川・福井・岐阜・滋賀・奈良県と京都府内のココスは運営会社が異なるため、状況が異なります。

ココス公式アプリでお得情報やクーポンをゲット

ココスがリリースしている公式のスマホアプリ「ココウェブ」があります。お得なキャンペーン情報やクーポンを入手できるのでおすすめです。

特典付きのBSCポイントカード

ココス直営店舗にはビッグスマイルクラブ(BSC)のシステムがあり、「ココウェブ」アプリはBSCポイントカードも兼ねています。

BSCポイントカードは支払いで貯まるスタンプカードのようなもので、おおむね支払い金額1000円ごとに1ポイント貯まります。

ポイントは次のような特典に利用できます。

25ポイント500円分の食事優待券
50ポイント1年間有効の5%割引のシルバーステージ
(ゴールドステージをめざす場合は500円分の食事優待券)
75ポイント500円分の食事優待券
100ポイント1年間有効の10%割引のゴールドステージ
(または1000円分の食事優待券)

BSCポイントカードはココス/焼肉宝島で共通で使えます。

⇒ビッグスマイルクラブについて(公式)

ココウェブ ~ココス公式アプリ~

ココウェブ ~ココス公式アプリ~
開発元:株式会社ココスジャパン
無料
posted withアプリーチ

⇒「ココウェブ」公式サイト

ココスの独自ポイントカード「CooCa」がお得

ココスをよく利用するなら、独自発行のポイントカード「ZENSHO CooCa(クーカ)」もおすすめです。

※富山・石川・福井・岐阜・滋賀・奈良県、京都府内のココス店舗は、各店舗による

CooCa(クーカ)はゼンショーホールディングスが発行しているカードで、ゼンショーグループの各店舗共通で使えます。(すき家・ココス・はま寿司・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・華屋与兵衛・和食よへい・牛庵・焼肉倶楽部いちばん・熟成焼肉いちばん・宝島・久兵衛屋・ミルキーウェイ)

CooCaはもともとチャージして使うプリカでしたが、プリペイドカードとしての機能は2019年に終了しました。現在はポイントカードとして使われています。(チャージ済みのCooCaマネーは2021年11月末まで使えます。)

会計前にレジでCooCaを提示することで支払い金額200円につき1ポイントが付与され、すき家での支払いに10ポイント=10円単位で使えます。

このポイント付与は現金・クレジットカード・電子マネー等、どの決済方法を選んでも関係なく付与されます。

CooCa(クーカ)の入手は、すき家の店頭で無料・即時発行可能です。また、スマホ向けのCooCaアプリでもバーチャルカードが発行できます。

→「ZENSHO CooCa」公式サイト

貯めるポイントが選べる

ココス直営店ではCooCaポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイントのどれか1つのポイントが200円で1ポイントが貯まります。

普段遣いのポイントカードがこの中にあればラッキー。なければどれか1つを作っておきましょう。

※富山・石川・福井・岐阜・滋賀・奈良県、京都府内のココス店舗は対象外

SNS公式アカウント登録で情報をゲット

SNSの公式アカウントをフォローしておくと、お得情報や最新情報、クーポン等がゲットできるかも。

⇒Twitter公式アカウント

PASMO(パスモ)と相性の良い「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」「TOKYU CARD ClubQ JMB」

PASMOのオートチャージサービスに登録できるクレジットカードは、主に交通事業者系のクレジットカードです。

その中で「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」「TOKYU CARD ClubQ JMB」はPASMOへのチャージに最適なクレジットカードです。

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の会員Webに登録するだけで+0.5%です。

PASMOオートチャージで、クレジットカード利用で貯まる0.5%分のプレミアムポイントと0.5%分の「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の合計1%のポイントが貯まります。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」「TOKYU CARD ClubQ JMB」の違いは、カードにPASMOが搭載されているかどうかです。

その他にも、モバイルPASMOの登場で、いろいろなクレジットカードから都度チャージができるようになっています。

チャージでポイント付与があるクレジットカードがおすすめです。

まとめ

『ココス』直営店では、交通系IC・PASMO(パスモ)が支払いに使えます。

決済方法によっては、キャンペーンなどでお得に利用できることもあります。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年1月】

【ファミレスのクレカ・電子マネー 対応表】

クレジットカードクイックペイidnanacoワオン楽天エディSuicaPASMO
ガスト××
ジョナサン××
バーミヤン××
デニーズ×
サイゼリヤ
ロイホ×
ビックリドンキー×
ジョイフル
華屋与兵衛××
ジョリーパスタ××
ココス直××
ゆず庵××××××
ビッグボーイ××
スポンサーリンク

シェアする

フォローする