常時5%オフにもなる人気の『カフェ ド クリエ』で楽天Edy(エディ)は支払いに使える?使えない?

『カフェドクリエ』でパスタとケーキが食べたい!でも楽天Edy(エディ)って使えるのかな?お得な利用方法もあったら知りたい!

トーストサンドやスイーツからパスタまで幅広いニーズに応えるコーヒーショップ『カフェ ド クリエ(CAFÉ de CRIÉ)』。全国に185店舗を展開しています。(2020年5月時点)

ケーキやドリンクのバリエーションも豊富な人気の『カフェドクリエ』では、支払いに楽天Edy(エディ)は使えるでしょうか。本記事では『カフェドクリエ』のキャッシュレス事情とお得な利用方法についてまとめました。

スポンサーリンク

『カフェドクリエ』で楽天Edy(エディ)は・・・

結論から言うと、『カフェドクリエ』では楽天Edy(エディ)が使えます。(2020年5月時点)

『カフェドクリエ』では2019年7月に全店舗で一部の電子マネーを導入しました。

電子マネー以外のキャッシュレス対応は店舗によって異なりますが、クレジットカードが使えるお店はごく一部です。QRコード決済は対応していません。

公式サイトの店舗情報ではキャッシュレス情報はわからないので、各店舗に直接確認することをおすすめします。

⇒『カフェドクリエ』店舗検索(公式)

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

『カフェドクリエ』のキャッシュレス対応状況

人気の『カフェドクリエ』では、店舗によって支払い方法が異なります。

経済産業省公認のキャッシュレス還元マップによれば、クレジットカードに対応した店舗は次のとおりです。

新宿フロントタワー店、板橋区健康長寿医療センター店、道玄坂上店、桜木町店、馬車道店、名古屋医療センター店、大阪医療センター店、西本町店、ホピタル市立東大阪医療センター店、ホピタル高槻病院店、天満屋バスセンター店 など

利用できるクレジットカードは店舗によって異なりますが、概ね次の種類になります。

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners

全店舗で使える電子マネーは次のとおりです。

交通系ICカード(Suica、PASMO、ICOCA など)、iD、QUICPay、楽天Edy

ごく一部の店舗でWAON、nanacoも使えます。

QRコード決済には対応していませんが、メルペイiD決済は使えます。

メルペイ(iD決済)

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(iD決済)○(使える)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

クレジットカードはほとんどの店舗で利用できません。電子マネーの使える店舗は増えましたが、QRコード決済に対応した店舗はまだないようです。

カフェドクリエでおすすめ

メルペイ新規500ポイント

『カフェドクリエ』のお得情報

『カフェドクリエ』をお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

登録無料の「カフェドクリエカード」が絶対にお得!

『カフェドクリエ』の店頭で配布している「カフェドクリエカード」はチャージして使うプリペイドカードです。

カフェドクリエカードのすごい点は、このカードを使うとカフェドクリエでの支払いが5%引きになることです。独自プリペイドカードの中でも5%OFFは破格です。

専用のwebサイトから残高照会も可能。まずは店頭でカードをもらうことから始めましょう。

⇒カフェ・ド・クリエ カード(公式)

レシートが「おかわりチケット」に

『カフェドクリエ』では、対象商品のレシートが「おかわりチケット」という名称の割引券になっています。当日に限り有効で、対象商品の2杯目(レギュラーサイズ)が格安で購入できます。

対象商品は次のとおりです。

おかわり価格ドリンク
100円ブレンド、アメリカン、ティー
150円カフェラテ、カフェオレ、ロイヤルミルクティ

1杯目の価格は関係なしに、上記の金額で2杯目を購入できます。カフェラテのレギュラーは310円なので半額で飲めればかなりお得です。もちろん2杯目はテイクアウトもOK。

マイボトル(タンブラー)で30円引き

あまり知られていませんが、『カフェドクリエ』にマイボトル(タンブラー)を持ち込んでテイクアウトすると、ドリンクの料金が30円引きになります。

⇒マイボトルの使い方(公式)

また、カフェドクリエのオリジナルタンブラーを店舗で購入すると、その店舗限定で使える「ドリンク無料チケット」が1枚もらえます。

EPARK タウンでクーポンが配布されることも・・・

地域に特化したクーポンを扱うサイト「EPARKタウン」では、カフェドクリエで使えるお得なクーポンが配布されることがあります。利用には無料の会員登録が必要です。

大人数に対応したクーポンが出るとみんなでお得になるので要チェックです。

⇒「EPARKタウン」(公式)

おすすめのクレジットカードは?

支払いにクレジットカードが使えるショップでは、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。それは次の3つです。

ビックカメラSuicaカード

通常還元率は1%と安定派の「ビックカメラSuicaカード」。

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

普段遣いでSuicaチャージが不可欠な人にとっては「ビックカメラSuicaカード」は何にも代え難い最強カード。

ビックカメラでのポイント高還元は言うまでもなく、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイントのJREポイントが付与されるという点だけで、このカードを持つ意味があります。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

39歳以下の人だけがWEB入会限定で取得できるクレカが「JCB CARD W」です。もちろん、一度取得すれば一生使えます。

通常還元率は1%ですが、貯まるOki Dokiポイントの交換先が豊富で、様々なポイントに交換できるのが強みです。

そして何より、ディズニーファンにとってはお得でおすすめのカード。

貯めたポイントがチケット等に交換できます。

1600ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)
3200ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)
4800ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(3枚)
3600ポイント→東京ディズニーランドホテル・ペア食事券
19000ポイント→ホテルミラコスタ ヴェネツィアサイド スーペリアルーム 宿泊利用券

また、「JCBマジカルキャンペーン」(貸切イベント)に応募できます。しかも期間中50万円以上の利用で応募口数が2倍に!

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

まとめ

『カフェドクリエ』では楽天Edy(エディ)が利用できます。

QRコード決済がいろいろ使えるとうれしいのですが・・・。今後に期待です。

電子マネーがいろいろ使えるので、キャンペーンによってはお得な場合もあります。公式サイトをチェックして、お得情報を見逃さないようにしましょう。

カフェドクリエでおすすめ

メルペイ新規500ポイント

スポンサーリンク

シェアする

フォローする