常時5%オフにもなる人気の『カフェドクリエ』でQUICPay(クイックペイ)は支払いに使える?使えない?

『カフェドクリエ』でパスタとケーキが食べたい!でもQUICPay(クイックペイ)って使えるのかな?お得な利用方法もあったら知りたい!

ケーキやドリンクのバリエーションも豊富な人気の『カフェドクリエ』では、支払いにQUICPay(クイックペイ)は使えるでしょうか。

本記事では『カフェドクリエ』のキャッシュレス事情とお得な利用方法についてまとめました。

スポンサーリンク

『カフェドクリエ』でQUICPay(クイックペイ)は使える

結論から言うと、『カフェドクリエ』ではQUICPay(クイックペイ)が使えます

『カフェドクリエ』では2019年7月に全店舗で一部の電子マネーを導入しました。

公式サイトの店舗情報ではキャッシュレス情報はわからないので、各店舗に直接確認することをおすすめします。

⇒カフェドクリエ店舗検索(公式)

カフェドクリエのキャッシュレス対応状況

人気のカフェドクリエでは、店舗によって支払い方法が異なります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年8月】

カフェドクリエのお得情報

カフェドクリエをお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

登録無料の「カフェドクリエカード」が絶対にお得!

カフェドクリエの店頭で配布している「カフェドクリエカード」はチャージして使うプリペイドカードです。

カフェドクリエカードのすごい点は、このカードを使うとカフェドクリエでの支払いが5%引きになることです。独自プリペイドカードの中でも5%OFFは破格です。

⇒カフェ・ド・クリエ カード(公式)

アプリも登場しました!

店頭で配布している「カフェドクリエカード」を持っていなくても、アプリから始めることができます!

オンラインチャージも可能です。

カフェ・ド・クリエ公式アプリ

カフェ・ド・クリエ公式アプリ
開発元:JUST PLANNING INC.
無料
posted withアプリーチ

レシートが「おかわりチケット」に

カフェドクリエでは、対象商品のレシートが「おかわりチケット」という名称の割引券になっています。当日に限り有効で、対象商品の2杯目(レギュラーサイズ)が格安で購入できます。

対象商品は次のとおりです。

ブレンド、アメリカン、アイスコーヒー、ティー、カフェラテ、カフェオレ、ロイヤルミルクティ

全サイズ半額で飲めればかなりお得です。

マイボトル(タンブラー)で30円引き

あまり知られていませんが、カフェドクリエにマイボトル(タンブラー)を持ち込んでテイクアウトすると、ドリンクの料金が30円引きになります。

⇒公式サイト

また、カフェドクリエのオリジナルタンブラーを店舗で購入すると、その店舗限定で使える「ドリンク無料チケット」が1枚もらえます。

EPARK タウンでクーポンが配布されることも・・・

地域に特化したクーポンを扱うサイト「EPARKタウン」では、カフェドクリエで使えるお得なクーポンが配布されることがあります。利用には無料の会員登録が必要です。

大人数に対応したクーポンが出るとみんなでお得になるので要チェックです。

⇒「EPARKタウン」(公式)

QUICPayなら「JCBカードW」

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)(カテゴリーによる)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

⇒「JCB CARD W」入会キャンペーン

まとめ

『カフェドクリエ』では支払いにQUICPay(クイックペイ)が利用できます。

QRコード決済・電子マネーがいろいろ使えるので、キャンペーンによってはお得な場合もあります。公式サイトをチェックして、お得情報を見逃さないようにしましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年8月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする