「バーガーキング」はキャンペーン利用がお得!一番得する支払い方法はどれ?【2020年3月】

「バーガーキング」の支払いで利用できる主なキャンペーン情報です。【2020年3月】

【メルペイ】友達招待キャンペーン すすメルペイ 第2弾 & 新規会員登録キャンペーン 合計1500ポイント(2019年11月6日~終了日時(未定))

【メルペイ】「メルペイサンデー」最大20%還元(2020年3月の毎日曜日 (計5日間))

今月は、iDを使える店舗なら、
【メルペイ】を使ったことがない人は「すすメルペイ&新規登録」がお得。既存ユーザーでも「メルペイサンデー」で最大20%還元。
LINEクーポンや独自アプリにお得な割引クーポンが掲載されていることがあります。こちらもチェックですね。
スポンサーリンク

「バーガーキング」の支払いで利用できるキャンペーン情報詳細

友達招待キャンペーン すすメルペイ 第2弾

すすメルペイ第2弾が実施されています。

キャンペーンは招待コードを受け取った方が、キャンペーン期間中に初めて「メルペイ」の「本人確認」 (お支払い用銀行口座の登録または「アプリでかんたん本人確認」の完了)をする1000円分のポイントが付与されます。

対象期間2019年11月6日~終了日時(未定)

本サイトから提供するすすメルペイ・招待コードは下記になります。

APWAFM

上のコードを入力して本人確認を行えば1000円分のポイントをゲットできます。

メルカリの公式サイトはこちら

新規会員登録キャンペーンも

なお、メルペイでは新規に会員登録をするときに招待コードを入力するだけで500円分のポイントがもらえるキャンペーンがずっと行われています。

本サイトから提供する招待コードは下記になります。

APWAFM

上のコードを入力して新規登録をすれば500ポイントゲットです。

メルカリの公式サイトはこちら

すすメルペイと新規会員登録キャンペーンは併用OKです。合計1500円相当分のポイント獲得チャンスですよ!

「メルペイサンデー」・最大20%還元

対象期間 2020年3月の毎日曜日 (計5日間)

上限 :500ポイント/1決済
メルペイフィーバーとメルペイサンデーを合わせて期間中3000ポイント

詳細は下記の記事で紹介しています。

「バーガーキング」のキャッシュレス対応状況

名物「ワッパー」のおいしさにヤミツキになる人が続出のバーガーキング。あのガッツリ感は他のハンバーガーショップでは味わえませんね。

「バーガーキング」の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレス種類可否
クレジットカード△(一部で不可)
PayPay(ペイペイ)△(一部で可)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(iD払い)△(一部で可)
Origami(オリガミペイ)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん・Pitapa)△(一部で可)
楽天Edy△(一部で可)
nanaco△(一部で可)
WAON△(一部で可)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む×(ほぼ使えない)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で可)

店舗によって差があるため、一概に使える・使えないの判断ができないのが難しいところです。

公式サイトの店舗検索で調べたときに「クレジット・電子マネー」というアイコンが付いているお店は少なくとも現金オンリーではないようです。

⇒バーガーキング 店舗検索(公式)

2019年後半にはJCBとQUICPayが使えなくなった模様。公式発表が無いため、全店舗なのかどうかはわかりません。

モール内の店舗はクレジットカード・電子マネーに対応している傾向があります。

まとめ

キャッシュレス決済の手段が限られているバーガーキング。

ヘビーユーザーでもライトユーザーでも、公式アプリのクーポンを利用するのは必須です。

自分の行きつけの店舗がキャッシュレス対応していればラッキー。還元率が高めのクレジットカードや、普段使っている電子マネーを選んで上手に利用するのが得策ということになります。

いずれにしても、少しでもお得な方法を選択したほうがいいですよね。

なお、公式発表が無くても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする