イオンでPayPay(ペイペイ)は支払い・決済方法に使える?【2020年11月最新版】

「イオン」でPayPay(ペイペイ)は支払い方法に使えるのか使えないのか知りたい!お得な情報も!

スーパー業界でシェアNo.1の「イオン」グループ。イオン・イオンスタイル・イオンモール・イオンショッピングをはじめグループ傘下に様々な店舗があります。私たちの生活に欠かせない「イオン」はキャッシュレス化が進んでいるイメージがありますが、PayPay(ペイペイ)は使えるのでしょうか。

今回の記事では「イオン」でPayPay(ペイペイ)を支払いに使えるのか、お得な利用方法があるのか等についてまとめました。

【2020年11月最新版】

スポンサーリンク

 


「イオン」でPayPay(ペイペイ)は・・・?

結論から言えば、「イオン」では一部の店舗でPayPay(ペイペイ)が使えます。

2019年4月には関東地区・山梨32店舗の限定でPayPayが導入されました。

⇒イオンでPayPayはじまる(PayPay公式)

「イオン」では店舗・営業形態によって使えるキャッシュレス決済が異なりますが、クレジットカード、WAON、QUICPay、iDはほぼ全店舗で利用できます。

⇒イオンdeクイックペイ(公式)
⇒iDが使えるお店(公式)

また、Suica・ICOCAをはじめとする交通系電子マネーもほとんどの店舗で利用可能です。

⇒Suicaが使えるお店(JR東日本)
⇒ICOCAが使えるお店(JR西日本)

公式サイトの店舗検索ではクレジットカード・電子マネー・QRコード決済の利用の可否はわかりません。

⇒イオン店舗検索(公式)

『イオン』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『イオン』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)△(一部で使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ○(iD決済)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy×(使えない)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

PayPay(ペイペイ)の支払い方法

対応店舗で「PayPay(ペイペイ)」を利用するときは、以下のように決済します。

PayPay(ペイペイ)のQR/バーコード画面を提示して、レジで読み取ってもらいます。

レジへ
→PayPay(ペイペイ)を立ち上げる
支払うをタップ
→レジでQR/バーコード画面を読み取ってもらう
→支払い完了

対応店舗でPayPay(ペイペイ)・QRコード決済で支払う場合、その元の支払い方法には2種類あります。

◆PayPay残高から支払う方法
◆登録したクレジットカードから支払う方法

お得になるには、ヤフーカードかPayPay残高による支払いになるので、ヤフーカードを紐付けしていない場合はPayPay残高による支払い方法になります。

PayPay(ペイペイ)残高へのチャージ方法

PayPay残高へのチャージ方法は以下になります。

・銀行口座
・Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード):本人認証後
・ヤフオク!の売上金
・セブン銀行ATMから現金チャージ
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

PayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカード

PayPayのクレジット払いに対応しているクレジットカードは、原則としてVISAとMastercardだけです。

が、ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)だけは例外で、JCBもOKです。

VISAとMastercardはPayPayに登録してクレジット払いができるだけで、PayPay残高へのチャージには使えません。

PayPay残高による支払いに対して行われる高還元キャンペーンは、クレジットカード払いは対象外です。通常の特典も対象外です。

ただし例外もあります。ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)による支払いも同等に近い還元があったりします。

イオンをお得に利用するには?

イオンを便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

お得なWAONサービスデーを徹底活用

会員登録すれば、イオングループの対象店舗での利用は、いつでもポイント2倍(200円で2ポイント)です。

また、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗では、WAONサービスデーが毎月開催されています。

内容は次の通り。

ありが10デー毎月10日WAONポイントが5倍
(WAON還元率2.5%)
お客さまわくわくデー毎月5の付く日(5日,15日,25日)WAONポイントが2倍
(WAON還元率1%)
お客さま感謝デー毎月20日と30日5%オフ
(実質約5.5%還元)
G.G感謝デー(G.G WAON・ゆうゆうワオン・55歳以上イオンクレジット)毎月15日55歳以上に限り5%オフ
&お客さまわくわくデー

サービスデーを効果的に利用することで、WAONポイントの貯まり方もかなり違います。

「イオンお買物アプリ」が役に立つ

イオンがリリースしているスマホ向けの公式アプリ「イオンお買物アプリ」は新着情報やキャンペーン情報のほか、お得なクーポンも配布されているので利用しない手はありません。

⇒イオンお買物アプリ(公式)

イオンお買物

イオンお買物
開発元:AEON RETAIL Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

イオンアプリはそれぞれにクーポンなど特典あり

イオンアプリは「イオンお買物アプリ」以外にもいろいろあり、それぞれのアプリで限定クーポンが配布されたりしています。用途によって使い分けるとますますお得に!

イオンモールアプリ

イオンモールアプリ
開発元:イオンモール株式会社
無料
posted withアプリーチ

イオン九州公式アプリ

イオン九州公式アプリ
開発元:イオン九州株式会社
無料
posted withアプリーチ

イオンチラシアプリ

イオンチラシアプリ
開発元:イオンマーケティング株式会社
無料
posted withアプリーチ

株主優待がかなりお得!

イオンの株主優待は保有株数に応じて3~7%のキャッシュバックがあり、かなりお得なことで知られています。

詳細例は下表の通り。

保有株数最低投資金額(例)キャッシュバック
100株~249200円3%
500株~1246000円4%
1000株~2492000円5%
3000株~7476000円7%

株主にはイオンシネマ等での優待割引やイオンラウンジの無料利用などの特典も多く、とてもおすすめです。

イオンカード&WAONの組み合わせがおすすめ!

生活圏にイオングループのお店がある人は、イオンカードとWAONの組み合わせが最強の選択の一つであることは言うまでもありません。キャッシュレス決済をWAONに絞れば効率よくポイントを貯めることができます。

イオンカードについては下記の記事で詳しく紹介しています。

『イオン』での利用におすすめのクレジットカードは?

PayPayならヤフーカード

PayPayを利用するならヤフーカードは要チェックです。

ヤフーカードの強みは、

・PayPayに登録して支払ってもPayPayボーナスがもらえる
・PayPay残高にチャージできる
・PayPayのキャンペーン対象になることが多い!

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはTポイントなので「ウエル活」で実質1.5%還元率も可能。

何よりもPayPayキャンペーンに強い!

PayPayキャンペーンは超絶お得なものがいろいろ実施されるので、キャンペーンに参加しやすいことを考えると、ヤフーカードは要チェックのクレジットカードです。

まとめ

「イオン」では一部の店舗でPayPay(ペイペイ)が利用できます。

「イオン」では全店舗でクレジットカード、WAON、交通系電子マネー、QUICPay、iDが使えます。また一部店舗ではPayPayが導入されています。

キャッシュレス決済がいろいろ選べるので、キャンペーンでお得に利用できそうです。

公式サイトのキャンペーン情報は常にチェックして、チャンスを見逃さないようにしましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2020年11月】

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする